スタッフ紹介

大田 哲也 (営業技術部 統括係長)

営業技術部では、常にユーザーの立場でものづくりを考え提案営業を心掛け日々取り組んでおります。
独自の技術ノウハウを生かし、高度な技術力で他社では真似できないものづくりを展開し、また製造部とのつながりを大切にし常に新素材へのチャレンジ、加工見極め・精度等、あらゆる角度から樹脂加工の可能性を広げていきます。困ったときは野田プラにご相談ください。
今後もお客様に信頼されご満足いただける製品を提供し、進化し続けていきます。

御問合せ・御見積依頼:ohta@nodapla.jp

稲波 雄二 (営業技術部 係長)

私は、以前は今とは全く畑違いの業種の営業をしていました。最初は覚える事も多く、不安もありましたが、「まあ、何とかなるか!」の性格でやってきました。今では、こんなにお客さんに喜ばれ、頼りにされる仕事に出会えて本当に良かったと思っています。
それも頼もしい現場の人達が作り出す、素晴らしい技術があるからですけどね!前に社長がお客さんに、「何を売っているの?」って聞かれた時に、「夢を売っています!」って冗談を言っていたのを覚えていますが、これからも夢のある素晴らしい製品をたくさん売っていきたいと思います。冗談じゃなくね!

御問合せ・御見積依頼:inami@nodapla.jp

助川 昌弘 (製造部 部長)

昨今、樹脂製品にも高精度を求められるようになりました。樹脂というものはそれぞれの材質に独自の特性を持っております。
我々は今までの加工実績データより加工条件をデータ取りし、オペレーションの標準化、統一化、技術差が出ないようなものづくりを日々取り組んでまいりました。また、作業者それぞれの優れた能力を見極め、さらなる個人の技術力のレベルアップに努めております。
野田プラには高度な技術を持ったベテラン・豊富なアイディア持った中堅・手先が器用な若手と幅広い人材が集まっており、ひとつの技術集団とし日々進化し、チャレンジし続けます。
これからも「品質、精度、安定した製品を提供する」をモットーにお客様のご要望にお応えしていきます。

宇野 秀昭 (製造部 課長)

野田プラスチック精工では技術向上の為、常に新しい加工方法・新しいアイデアにチャレンジし様々な複雑形状や限界公差へ挑戦しております。また、検査機器を充実することにより、複雑形状や限界公差への評価を出来る体制をとり、お客様のご要望に対応できる様に全力を尽くしております。
NCデータの作成方法・工具寿命の見極め・類似形状での加工時間短縮に生かし、機械の夜間稼動、連続運転の割合を増すことにより作業効率を上げております。製造部内でのスピーディ工程管理により短納期にもお応えをすることが出来ますのでお困りの際はご相談下さい。

曽我 弘明 (製造部 主任)

私は不良率ゼロを目標に、工具選択・切削条件・加工治具の工夫を常に意識しております。素材変わると工具・切削条件もかなり変わり、特にアクリル透明加工やガラス・カーボン入りなどの素材では一番自分の力が発揮できる時だと思います。
難加工品を作り上げた時はもちろんのこと、お客様が製品を手に喜ぶ姿は何よりの励みになると同時に、この仕事をしていて良かったと一番思う瞬間です。これからも、お客様に満足して頂けるよう、野田プラスチック精工では常に先を見据えて高精度加工に挑戦していきます。


お問い合わせ 会社案内
このページの先頭へ戻る

コンテンツ